actions

ごちそうさん (2013年のテレビドラマ)

ごちそうさん

2013年度下半期にNHK大阪放送局が制作し、総合テレビBSプレミアムで放送された連続テレビ小説・第89シリーズの日本テレビドラマ

企画・制作

2012年11月12日NHKによる記者発表で概要およびヒロイン役にが起用されたことが明らかとなった。森下佳子書き下ろし作品で、森下にとって初めてNHKに携るドラマとなる[1]

時代設定は大正昭和期。食いしん坊の東京娘・卯野め以子が偏屈な大阪男・西門悠太郎と恋に落ち、悠太郎の下に嫁ぐ。食い倒れの街・大阪を舞台に、関東関西食文化の違いを克服しつつ、料理と夫に愛情を注ぐことで、め以子が力強いへと成長していく物語である[1]。森下とチーフプロデューサーの岡本幸江は共に「」「食と(愛情)」をテーマとした構想を描いて本作に臨んでおり、舞台設定共々「食べること」が重要なキーワードとなっている[1][2]

森下は本作の脚本担当にあたり、1992年度上半期の『おんなは度胸』を参考にした[3]

杏はオーディションなしでの直接オファーでヒロインを演じることが決まった[4]。オーディションなしでヒロインが決定したのは、2012年度上半期『梅ちゃん先生』の堀北真希以来であり、大阪局制作のものとしては2008年度下半期『だんだん』の三倉茉奈・三倉佳奈以来である。

2013年2月18日には、杏以外の主要キャストも発表された[5]

2013年5月17日兵庫県姫路市八葉寺にてクランクイン[6][7]、翌2014年2月25日にNHK大阪局にてクランクアップした。

脚注

出典