操作

イラン

イラン・イスラム共和国
جمهوری اسلامی ایران
国の標語: استقلال آزادی جمهوری اسلامی
ラテン文字転写:Esteqlāl, Āzādī, Jomhūrī-ye Eslāmī
ペルシア語 : “独立、自由、イスラム共和制”)
公用語 ペルシア語
首都 テヘラン
最大の都市 テヘラン

面積

総計 1,648,195km217位
水面積率 0.7%

人口

総計(2015年 79,100,000人(17位
人口密度 48人/km2
GDP(自国通貨表示)

合計(2013年 9,072兆2,320億[1]イラン・リヤル (IR)
GDP (MER)

合計(2013年 3,663億[1]ドル(32位
GDP (PPP)

合計(2013年9,455億[1]ドル(18位
1人あたり 12,264[1]ドル
成立

アケメネス朝ペルシア帝国)建国紀元前550年
サファヴィー朝が統一1501年
イラン・イスラム革命1979年4月1日
通貨 イラン・リヤル (IR) (IRR)
時間帯 UTC +3:30(DST:+4:30)
ISO 3166-1 IR / IRN
ccTLD .ir
国際電話番号 98

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、ペルシア語: جمهوری اسلامی ایران‎)、通称イラン

西南アジアの国。古くはペルシアの名で知られた。南はペルシア湾オマーン湾に面し,北はカスピ海を挟んでアゼルバイジャンアルメニアと接し,東は砂漠地方を介してアフガニスタンパキスタンと接し,西は山地を介してトルコイラクと接する。国土のほとんどがイラン高原上にあり,「砂漠と高原の国」である。温帯冬雨気候のカスピ海沿岸と,湿潤なペルシア湾岸地帯を除いて,夏が長く高温で,極端に乾燥した大陸性気候を示し,北風が卓越する。国民はペルシア人が約 35%を占めるが,トルコ系やアラブ系の混血民族である。公用語はペルシア語であるが,アラビア語の単語,文章構造を取り入れ,アラビア文字を採用している。イスラム教が国教。クルド人のほか,多種の少数民族が居住している。農業と遊牧と絨毯生産が伝統的な主産業であるが,1908年に南西部で石油が発見されて,国の産業構造を変えた。1953年以降,数次の経済開発計画を経て,工業化が進められている。1979年,イラン革命により,1925年に創始されたパフラビー朝が倒れ,イラン=イスラム共和国が成立した。以後イスラム化が急進したが,1980~88年のイラン=イラク戦争で経済が疲弊した。(イラン史

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索:



  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 World Economic Outlook Database, April 2014”. IMF (2014年4月). . 2014閲覧.