actions

カニ



カニ(蟹)は、十脚目短尾下目(たんびかもく、Brachyura、別名:カニ下目)に属する甲殻類の総称。タラバガニヤシガニなどは十脚目異尾下目(ヤドカリ下目)に属するが、これらも漁業流通等の産業上、「カニ」として扱うことがある[1][2]。また分類学において、本分類以外の水産節足動物で「カニ」の名を与えられているものも多い。

概要

熱帯から極地まで、世界中のに様々な種類が生息し、一部は沿岸域の陸上淡水域にも生息する。成体の大きさは数mmしかないものから、脚の両端まで3mを超すタカアシガニまで変化に富む。箱形にまとまった頭胸部に5対の歩脚(胸脚)があり、このうち最も前端の1対が鉗脚(かんきゃく:はさみ)となる。触角は2対あるが、どちらもごく短い。腹部は筋肉が発達せず、頭胸部の腹面に折り畳まれる。ただしそれぞれ例外もある。

なお、食用の「カニ」としてタラバガニヤシガニ等も知られるが、これらは正確には短尾下目ではなく異尾下目に分類される。よく見ると歩脚が3対6本しかないように見えるが、これは第5歩脚が甲羅内の鰓室(鰓がある空間)に折り畳まれているためである[1][2]

特徴

大部分が頭胸部からなる体は、背面全体が堅いキチン質の頭胸甲(甲羅)で覆われる。頭胸甲の前縁から一対の柄の付いた複眼が突き出し、通常はすぐ外側の溝(眼窩)に倒して収納できる。触角は2対あるがいずれも短い。第一触角は前に突き出して上に折れ、先端に小さな二枝がある。第二触角は単純な毛髪状である。口部は第三顎脚が扉のように変化して大顎をはじめとした口の諸器官を覆うが、ベンケイガニ科モクズガニ科の一部等では第三顎脚が小さく、大顎が露出する[1][2][3][4]

5対10本の胸脚の内、第1歩脚は鉗脚(はさみ)に変化していて、餌を摑んだり敵を威嚇したりするのに用いる。シオマネキのオスでは片方の鋏が巨大化するが、大きな鋏は求愛行動のみに使い、採食にはもう片方の小さな鋏を用いる。他4対の胸脚は鉗脚ではなく、歩くための「歩脚」となる。但し例外もあり、ムツアシガニ科は名の通り歩脚が3対6本しかない。カイカムリヘイケガニ等では第5脚あるいは第4・第5脚が小さな鉗脚、あるいは鉤状に変化し、これで海綿貝殻を背負って身を隠す。ワタリガニ科では第5脚、キンセンガニ科では4対の脚全てが状に変化している為、歩きより泳ぎの方が得意である[1][2][4]

多くのカニが「横歩き」をするが、ミナミコメツキガニは前歩き、アサヒガニ科カラッパ科のカニは後ろ歩きをする。クモガニ科とコブシガニ科のカニは七個の節からできている脚の各節が管状で、前後左右へ自由自在に動くことができる[5]。また横歩きしか出来ない種類でも回転で弱らせると暫く縦歩きをする。

エビ類やヤドカリ類と違って腹部の筋肉は発達せず、また尾部先端の「尾扇」もない。腹部はアサヒガニ等一部の分類群を除いて頭胸甲の下側に折り畳まれる。その形状から俗に「ふんどし」とも呼ばれる。オスの腹部は幅が狭く、1対の交尾器があるが、メスの腹部は抱卵する為に幅が広く、を保持する為の腹脚が発達する[1][2]

呼吸は頭胸甲の両側にあるで行う為、生存にはが不可欠である。陸上生活にある程度適応したアカテガニオカガニ類等も、たまに水分補給をする必要がある。水揚げしたカニが「泡を吹く」のは、限られた水を繰り返し使っているうちに水分の蒸発や鰓の粘膜成分が混じる等が原因で粘着性が出て泡となったものである。但し陸生種は長時間の乾燥に耐えうるので泡を吹くことは少ない。また水中に居るカニは泡を吹かない。

茹でると殻が赤くなるのは、甲羅の中で通常蛋白質と結び付いているアスタキサンチンという色素が、加熱により蛋白質と分離するからである。

発生

卵から孵化した幼生プランクトンとして海中を浮遊しながら成長し、それぞれの生息に適した場所に漂着し稚ガニとなる。これは陸上生活に適応したアカテガニやオカガニ類とて例外ではなく、初夏新月の夜など特定の時期に一斉に海岸に集まり、それぞれに水中で産卵(実際には卵の中で育った幼生を放出)して、再び内陸へと戻ってゆく行動が見られる。海棲のカニでは普通、初めにゾエアという幼生の時期があり、次いでメガロパ期にややカニらしくなり、やがて稚ガニとなって底生生活にはいる。但しサワガニヤマガニは幼生期を卵の中で過ごす為、一生を海と無縁に、淡水中で過ごす[1][2]

生息環境

淡水・汽水・沿岸域から深海や洞窟まで、様々な水域に色々なカニが生息する。陸上、純淡水に生息する種は少なく、汽水域、海岸線から海中に大部分が集中する。マングローブ林では木に登っているものもある。干潟では小動物として数が多く、もっともよく目立つものである。巣穴を深く掘るものが多く、底質の構造に大きな影響を持ち、水鳥の餌としても重要である[1][2][3][4]

他の動物の体を生息場所にするものもあり、サンゴウニウミシダなどに生息するものも知られるが、寄生共生かは判別し難い。カキアサリなど貝類の体内に生息する物もおり、それらを使った料理から出てくることもある[1][2]

クリスマス島は11月頃にアカガニが大量発生することで有名である。

分類

De Grave et al. (2009) より[6]。彼らは目と科の間に分類階級「」(section) を置いている。

カイカムリ群

アサヒガニ群

マメヘイケガニ群

真短尾群

ヘテロトレマータ亜群

トラコトレマータ亜群

亜群未定

タイワンガザミ
Portunus pelagicus  
アオガニ
Callinectes sapidus  
サワガニ
Geothelphusa dehaani  

人間との関わり

利用

ズワイガニケガニガザミ等、多くの種類が食用に漁獲される。料理法はしゃぶしゃぶ刺身焼き物カニ汁鍋料理等多種多様である。蒸したり茹でたりして殻を割って食べる事もあるし、身を解してサラダチャーハン等の具材にもする。カニの殻を割るための道具としてクラブクラッカーがあるほか、カニを食べるための専用の道具としてカニスプーンやカニフォークがある。殻をむく手間を省くため、脚はむき身や半むき身(ハーフポーション)の状態で供されることもある。

蟹の流通形態には、生のほか、冷凍品(まるごとのもの、脚、爪など部位を分けたものなど)、缶詰などがある。また、雑炊のもとなど、他の食材と組み合わせて、乾燥した身を入れているものや、カニの茹で汁を基にした出汁、濃縮スープなども販売されている。

缶詰でカニ肉が硫酸紙に包まれているのは、カニ肉の変色を防ぐためである[7]

中国では「九雌十雄」といい、旧暦の9月はメスの上海蟹(チュウゴクモクズガニ)が、10月はオスの上海蟹が美味とされている。これは秋に気温が下がるに従って上海蟹の産卵時期が近づき、ミソや肉が溜まりだすからである。同じ頃、日本のモクズガニも漁の時期となる。上海蟹は生きたまま、藁で足を縛って流通させられる。

なお、一般にカニは高級食材なので、代用品として魚肉で作るかに蒲鉾もある。

食用以外にも、カニやエビの殻からはキチンキトサングルコサミンなどが製造される。また、カニを潰した血液を採取し、などの「かぶれの薬」等として使う人もいるが、これは民間療法の域を出ない。

食品としての害

  • 食物アレルギーを起こしやすい食品とされる。日本では「食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令 別表第四」により特定原材料に指定されており、食品衛生法第19条の適用を受けるため、カニを原材料として含む製品を販売する場合にはカニを原材料に使用している旨を表示する義務がある。エビも同様に特定原材料に指定されている[8]
  • スベスベマンジュウガニなど、を持つカニもいる。
  • 人の寄生虫中間宿主となるものがあり、日本では十分な加熱処理を経ていない淡水産のカニを食べると、肺臓ジストマに感染する可能性がある。
  • 古くからの食い合せとして、飲用水と交互に食すと軽い腹痛を起こしやすいとされている。

文化

  • のことを英語で cancer と言うが、この呼び名は腫瘍とその周辺の血管その他の組織が作り出す形状がカニに似る事からラテン語の「カニ」から引用されて付けられた。潰瘍を意味する canker も同源だが、ギリシャ語の karkinos(カニ)と共に、これらの語はサンスクリット語 karkataḥ(カニ)などと同じく、古い印欧語起源の言葉であるとされる。
  • 西洋星座の名称はラテン語なので、黄道星座の一つである「かに座」も Cancer である。「かに星雲」も潰れたカニの様に見えるという理由からこの名が付いたが、かに星雲があるのはかに座ではなくおうし座である。
  • カニと言えば横歩きが有名なので、横に進むものに「カニ」の名が付けられる場合がある。
    • J.S.バッハが作曲した「音楽の捧げもの」に含まれる「逆行カノン」は、各旋律が左右を行き違う様から「蟹行カノン(または「蟹のカノン」)」とも呼ばれている。
    • 江戸時代以降の日本では横方向に進むオランダ語や英語のアルファベット文章の事を蟹文字と称していた。
    • 中国ではカニを横行君子(おうこうくんし)とも呼ぶ。台湾のRealtek社の社章のカニの絵は「横行天下」(『天下に横行する』、即ち『世界をのし歩く』)という社訓に基づいて採用された。
  • フランシスコ・ザビエルには、インドネシア諸島アンボイナから舟でモルッカ諸島セラム島を目指す途中海に落とした十字架をカニが拾い届けてくれた、舟底に空いた穴をカニが塞いでくれた、カニの背中に十字架が刻まれる様になった、という逸話が有る。これに因み、フランシスコ・ザビエルの日傘や鹿児島カテドラル・ザビエル記念聖堂の鐘には十字架を持ったカニが描かれている[9]
  • 第一脚の鋏が目を引く特徴である。
    • 日本の童謡である「あわて床屋」ではそのためカニは鋏を持って床屋をやっている。
    • エレベーターや列車などに設置されている自動ドアはドアに指を挟まぬよう警告するステッカーが貼られていることがあるが、そのステッカーの絵が人の手が蟹に挟まれている絵である場合がある。

慣用句

蟹の念仏
蟹の念仏(かにのねんぶつ) 蟹が口の中でぶつぶつ泡を立てるように、くどくどと呟(つぶや)く様子。
蟹は甲羅に似せて穴を掘る
蟹は自分の甲羅の大きさに合わせて穴を掘るものだということから、人は自分の力量や身分に応じた言動をするものだということ。また、人はそれ相応の願望を持つものだ。
蟹の爪がもがれたよう
爪はカニにとって武器であり、餌を採る大切な手だが、それをもがれたという状態から、頼りを失い呆然自失の様をいう。
うろたえる蟹穴に入らず
穴もぐりの名人といわれるカニも、慌てふためくと、自分の穴がどこにあるのかわからなくなる。という意で、冷静に物事に対処しないと、適切な判断や行動が出来ず失敗するという意。
蟹の穴入り
カニが慌てて穴に逃げ込む様子から、慌てふためく状態をいう。
蟹の死にばさみ
カニがいったん物を挟むと、爪がもげても放さないことから、欲深さや執念の深さを例えていう。
後這う蟹が餅を拾う
いつも「鵜の目鷹の目」でせかせかしていなくても、思わぬ幸運に行き当たることもある。という意で、人の運、不運を例える。
蟹の横這い
単に横に移動するという意味にも使うが、貴人に顔を向けたままで横に移動する様子をその様に言う場合もある。この言葉が諺として使われる時は「人目には奇妙に見えても、自分には適したやり方」と「物事が奇妙に横にずれていくこと」という二通りの意味がある。
登山では、断崖絶壁の中腹にあって足を交互に出せないほど細いルートをこのように呼ぶことがある(例:剱岳

参考文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 内海冨士夫・西村三郎・鈴木克美『エコロン自然シリーズ 海岸動物』ISBN 4586321059 1971年発行・1996年改訂版 保育社
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 三宅貞祥『原色日本大型甲殻類図鑑 II』ISBN 4586300639 1983年 保育社
  3. 3.0 3.1 鹿児島の自然を記録する会編『川の生き物図鑑 鹿児島の水辺から』(解説 : 鈴木廣志)ISBN 493137669X 2002年 南方新社
  4. 4.0 4.1 4.2 奥谷喬司・楚山勇『新装版山溪フィールドブックス3 海辺の生きもの』(解説:武田正倫) ISBN 4635060608 2006年 山と溪谷社
  5. 『マグロは時速160キロで泳ぐ』 PHP文庫 中村幸昭 PHP研究所 38ページ
  6. De Grave, Sammy; Pentcheff, N. Dean; Ahyong, Shane T.; et al. (2009), “A classification of living and fossil genera of decapod crustaceans”, Raffles Bulletin of Zoology Suppl. 21: 1–109, http://rmbr.nus.edu.sg/rbz/biblio/s21/s21rbz1-109.pdf 
  7. asahi.com: カニ缶の中の紙包みなぜ? - ののちゃんのDO科学
  8. アレルギー表示の一部改正の完全施行について (PDF) - 消費者庁、2010年5月17日
  9. 昔ここは海だった ■ザビエル蟹と十字架■
    ザビエルの城ースペイン・バスクの旅 こんにちは!ハングルース/ウェブリブログ