actions

全羅北道


全羅北道
略称: Jeonbuk;전북;全北;チョンブク
位置
全羅北道の位置
地図
全羅北道の地図
各種表記
ハングル: 전라북도
漢字: 全羅北道
日本語読み仮名: ぜんらほくどう
片仮名転写: チョルラブク=ト
ローマ字転写 (RR): Jeollabuk-do
統計(2015年
面積: 8,067[1] km2
総人口: 1,834,114[2]
男子人口: 915,729 人
女子人口: 918,385 人
人口密度: 243.8 人/km2
世帯数: 726,572 世帯
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
下位行政区画: 6市8郡
ISO 3166-2: KR-45
行政区域分類コード: 35
全羅北道の木: イチョウ
全羅北道の花: サルスベリ
全羅北道の鳥: カササギ
自治体公式サイト: 全羅北道
テンプレートを表示

全羅北道(ぜんらほくどう、チョルラプクト、韓国語表記:전라북도)は、大韓民国南西部(朝鮮半島南西部)に位置する行政区。1896年、勅令第36号で朝鮮八道における全羅道の北半分を「全羅北道」と定めた。1945年以降は大韓民国の行政区となり、現在に至る。通常は全北(チョンブク)と略される。道庁所在地は1896年以前から全羅道の中心であった全州市

概要

西を黄海に面し、北を忠清南道忠清北道、南を全羅南道、東を慶尚北道慶尚南道に接する。東部には高原が広がり西部は平野である。平野には4本の河川(蟾津江万頃江東津江錦江)が流れる。

西部の平野は韓国有数の穀倉地帯の一つである。コメ以外の主な生産物は綿花大麦カジノキ。カジノキは「韓紙」に加工され、障子などに使われる。東部においては牧畜が盛んに営まれる。

1970年代に大田広域市とを結ぶ湖南高速道路が建設され、京釜高速道路を経由してソウル特別市と結ばれるようになった。これに伴い裡里市(現:益山市)や港町である群山市、そして全羅北道の中心地である全州市から成る工業地帯が形成された。

扶安郡から金堤市を経て群山市に至る海岸一帯には、東津江や錦江の運んできた土砂が形成した広大な干潟セマングムがあるが、1986年に大規模干拓が計画され、2006年には長大な防潮堤が完成し外海と遮断され陸地化が進んでいる。これによりシンガポール島の3分の2に匹敵し従来の全羅北道の面積の5%にもおよぶ400km²の干拓地が誕生するが、その用途は未定な部分が多く、環境保護団体などには生態系に与える打撃の規模が大きいことから干拓に対する強い反対もある。

1月の平均気温群山(−0.4℃) 南原(−1.6℃) 扶安(−0.9℃) 井邑(−0.7℃)

8月の平均気温群山(25.7℃) 南原(25.4℃) 扶安(25.4℃) 井邑(25.8℃)

行政

  • 全羅北道知事宋河珍송하진、2014年7月1日~現在)第34代(民選6期)
    • 第33代(民選5期):金完柱김완주、2010年7月1日~2014年6月30日)
    • 第32代(民選4期):金完柱(김완주、2006年7月1日~2010年6月30日)
    • 第31代(民選3期):姜賢旭강현욱、2002年7月1日~2006年6月30日)
    • 第30代(民選2期):柳鍾根유종근、1998年7月1日~2002年6月30日)
    • 第29代(民選1期):柳鍾根(유종근、1995年7月1日~1998年6月30日)
  • 道議会:38議席(地域区34+比例代表4)地域区は小選挙区制
党派別議席数(2016年8月12日現在)
合計 党派別内訳
共に
民主党
国民の党 セヌリ党 民衆連合党
合計議席数 38 28 8 1 1
選挙別内訳 地域区 34 26 8 0 0
比例代表 4 2 0 1 1
出典:의원소개(議員紹介)全羅北道議会ホームページ”。2016年8月12日閲覧。

全羅北道の自治体

市部

  1. 全州市
  2. 群山市
  3. 益山市
  4. 井邑市
  5. 南原市
  6. 金堤市

郡部

  1. 完州郡
  2. 鎮安郡
  3. 茂朱郡
  4. 長水郡
  5. 任実郡
  6. 淳昌郡
  7. 高敞郡
  8. 扶安郡

関連項目

出身著名人

脚注

外部リンク


テンプレート:Korea-stub