actions

鈴鹿峠

鈴鹿峠
標高 357 m
所在地 三重県亀山市滋賀県甲賀市
位置 東経136度20分14秒北緯34.89417度 東経136.33722度34.89417; 136.33722
山系 鈴鹿山脈
テンプレートを表示

鈴鹿峠(すずかとうげ)

三重県北部亀山市と滋賀県甲賀市の境界にある峠。鈴鹿山脈南端に位置し,江戸時代,東海道の道筋に定められて整備された峠で,南東麓に坂下宿 (坂下 ) が設けられた。滋賀県側は緩傾斜,三重県側は急崖をなす傾動地塊のため,三重県側は曲折の多い急坂で,箱根と並ぶ難所として知られた。現在は国道1号線が標高 357mの地点を鈴鹿トンネルで抜ける。旧道は東海自然歩道として利用されており,登りつめた標高 378mの峠付近は広い鞍部で,常夜灯や茶屋跡が保存されている。鈴鹿国定公園に属する。



楽天市場検索: