actions

菊川町 (山口県)

2018/8/18/ (土) 01:39時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
きくがわちょう
菊川町
廃止日 2005年2月13日
廃止理由 新設合併
下関市豊北町豊浦町豊田町菊川町下関市
現在の自治体 下関市
廃止時点のデータ
地方 中国地方
山陽地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
豊浦郡
面積 83.78km2
総人口 8,450
(2005年1月31日)
隣接自治体 下関市美祢市
豊浦郡豊浦町豊田町
外部リンク 菊川町ホームページ
座標 東経131度02分21秒
北緯34度06分55秒
 表示 

菊川町(きくがわちょう)は、かつて山口県に存在した。旧豊浦郡

2005年、旧・下関市等と合併し下関市となり消滅した。

地理

町全体が緩やかな山地に囲まれた盆地地形となっており、盆地の中心付近に人口が集中している。町の中央を木屋川が南北に流れ、周囲の田畑を潤している。旧・下関市とは山一つ隔てた位置にある。

小日本(こにっぽん)

この地域は「小日本(こにっぽん)」とも言われているが、その語源は「杢路子噺(むくろうじばなし)」と言われる民話に端を発するもの[1]である。

杢路子噺とは、長府毛利藩時代、杢路子(むくろうじ)[2]の庄屋の親子が正月挨拶のため長府の町に向けて出かけた際、貴飯峠(きばとうげ)の眼下に広がる盆地を見て、息子が「小日本」と言い得た、とされる話をまとめたものであり、この地域を中心に語り継がれている。

なお、外交思想を意味する「しょうにほん」や、日本や日本人に対する中華圏における差別用語や蔑称としての「しょうにっぽん・シャオリーベン」とは関係ない。

歴史

産業

農業(稲作)が中心。特産品としてそうめんが伝統的に作られている。 道の駅きくがわでは、焼き素麺等の特産品を活かした料理を食べることができ、中でも苺ソフトクリームは絶品。

交通

ファイル:Route 491 ja Kikugawa 01.JPG
国道491号(道の駅きくがわ前)

道路

バス

主要施設

関連項目

脚注

  1. 土地改良第290号 (2015年7月 土地改良建設協会発行)
  2. 旧・山口県豊浦郡豊田町(現・下関市)の一部。

外部リンク