actions

ポーツマス条約

英: Treaty of Portsmouth, or Portsmouth Peace Treaty

日露戦争終結に際して日本,ロシア間で結ばれた講和条約。 T.ルーズベルト大統領の斡旋によって 1905年8月 10日からアメリカの軍港ポーツマスで講和会議が開かれた。全権委員は日本側が小村寿太郎と高平小五郎,ロシア側が S.ウィッテと R.R.ローゼン。樺太 (サハリン) 割譲と賠償の問題をめぐって交渉は難航し,日本側が賠償金の要求を撤回した結果,同9月5日講和が成立した。そのおもな内容は,(1) 日本が朝鮮において指導,保護,監理を行う権利を有すること,(2) 両国が満州から撤兵すること,(3) 関東州租借地と長春-旅順間の鉄道を日本に譲渡すること,(4) 北緯 50°以南の樺太を日本に割譲すること,(5) 日本海,オホーツク海,ベーリング海のロシア沿岸漁業権を日本に与えることなどであった。日本国内では賠償金と領土獲得を期待する声が強く,講和条約に不満の民衆は日比谷焼打ち事件などの行動を起した。