actions

マダガスカル

バオバブの木.マダガスカル.jpg

マダガスカル共和国(マダガスカルきょうわこく)

面積 58万7041km2
人口 2130万7000(2011推計)。
首都 アンタナナリボ

アフリカ大陸の南東約 300km,インド洋南西部にあるマダガスカル島およびいくつかの小島からなる国。

モザンビーク海峡を挟んでモザンビークと向かい合う。6州からなる。

1500年ポルトガル人が渡来し,一部を領有。いくつかの部族王国が存立したが,うちメリナ王国が 18世紀に台頭,19世紀にはイギリスフランスが領有権を争い,1885年フランス保護領,1896年フランス植民地となった。

1958年フランス共同体内の自治共和国として成立,1960年マラガシー共和国として独立。 1972年軍事政権が発足,1975年社会主義憲法を制定し国名をマダガスカル民主共和国に改称.

その後経済の悪化に伴い,1991年に暫定政府が成立,1992年の国民投票で社会主義に終止符を打つ新憲法が承認され現国名に改称。

古来,アフリカよりもアジアのマレー,インドネシア系,アラブ系との関係が深く,住民の大部分はマレー系のメリナ族,ベツィミサラカ族,アンテモロ族 (マラガシー人 ) 。このほか中国人,インド人,コモロ人,フランス人が居住する。公用語はインドネシア語群に属するマラガシー語とフランス語。

主産業は米作中心の農業で,ほかにバニラ,コーヒー,カカオ,サイザルアサ,クローブ,サトウキビなどを産する。バニラの産出量は世界有数。エビなどの漁業も盛ん。工業は農産物加工のほか,たばこ,マッチ,煉瓦などの日用品製造が主。

クロム鉄鉱,黒鉛を産するが,生産量は不安定。また金雲母の唯一の生産国として知られる。

貿易はコーヒーバニラをはじめとする農産物の輸出と,工業製品の輸入が多く,フランスとの取り引きが中心。

外部リンク

座標: 東経47度南緯20度 東経47度-20; 47