actions

蓮如

蓮如[1]

応永22年2月25日 - 明応8年3月25日
1415年4月13日 - 1499年5月14日
1415年4月4日 - 1499年5月5日

上段・旧暦 中段・グレゴリオ暦換算[2]下段・ユリウス暦
幼名 布袋丸
法名 蓮如
院号 信證院
兼壽
諡号 慧燈大師
尊称 蓮如上人
生地 京都・大谷本願寺
(現、知恩院塔頭 崇泰院)
没地 京都山科本願寺
宗旨 浄土真宗
宗派 (後の本願寺系諸派)
寺院 吉崎御坊、山科本願寺、
大坂石山御坊(後の石山本願寺)
著作御文』、『正信偈大意』
蓮如上人廟所(京都市山科区)、
大谷祖廟 (真宗大谷派)他

蓮如(れんにょ)

室町時代の浄土真宗中興の祖。本願寺第8世。第7世存如とその召使の女性との間に生まれ,幼名は布袋丸。17歳のとき青蓮院尊応の室に入り,次いで大谷の草庵で宗義をきわめ,文安4(1447)年に関東に下り,親鸞の遺跡を巡拝した。長禄1(1457)年に本願寺の宗統を継ぎ,門徒の教化に努め,日常語で宗学の要を説いた。精力的かつ現実に対応するやわらかい頭脳と,人間的魅力によって教化に成功し,教団を拡大した。東北各地の旅ののち文明3(1471)年に越前の吉崎に道場を設け,北陸の教化に努めた。明応5(1496)年大坂に石山別院を営んだ。1882年に慧燈大師と勅諡された。著書『正信偈大意』『御文(御文章)』『領解文』など。蓮如の教示の文章を東本願寺では「おふみ」と呼び,西本願寺では「ごぶんしょう」と呼ぶ。





楽天市場検索:


  1. 文献によっては、「蓮」の「」(一点之繞)の部分が「」(二点之繞)で「如」と表記される場合もある。(一点之繞と二点之繞を参照。)
  2. グレゴリオ暦換算。本願寺派では、グレゴリオ暦に換算した生没年を用いる。