actions

東北地方

東北地方のデータ
6県の合計
日本の旗 日本
面積 66,951.97 km2
(2013年10月1日)[1]
推計人口 8,772,922
(直近の統計[† 1]
人口密度 131人/km2
(直近の統計[† 1]
位置
東北地方の位置

東北地方(とうほくちほう)

本州の北東部を占める地域。別称奥羽地方。青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県の 6県を含む。中心都市は仙台市

中央に奥羽山脈,東部に北上高地阿武隈高地,西部に出羽山地が南北にほぼ並行し,奥羽山脈に那須火山帯,出羽山地には鳥海火山帯が重なる。太平洋側に馬淵川北上川阿武隈川,日本海側に岩木川米代川雄物川最上川が流れる。奥羽山脈の東側には仙台平野北上盆地福島盆地郡山盆地があり,西側には津軽平野秋田平野庄内平野大館盆地横手盆地新庄盆地山形盆地会津盆地などの断層盆地がある。三陸海岸リアス海岸で有名。日本海側は冬に積雪が多く,太平洋岸の北部は夏にやや低温で,冷害が多い。大化改新の頃,道奥国を設置,大宝1(701)年陸奥国と改称,和銅5(712)年日本海側が出羽国となる。

源頼朝奥州征伐後,中央勢力に従属。江戸時代には津軽(弘前藩),佐竹(秋田藩),南部(盛岡藩),伊達(仙台藩),松平(会津藩)の諸藩が藩政を確立していた。水田率が高く日本の穀倉をなし,畜産業も盛ん。津軽ひば,秋田杉の美林が多く,林業地として有名。また,三陸沖は好漁場。只見川水系を中心に水力電気が開発され,郡山・いわき,仙台,八戸,秋田の新産業都市指定地区を中心にした工業化も進展している。

十和田八幡平国立公園三陸復興国立公園磐梯朝日国立公園下北半島国定公園津軽国定公園早池峰国定公園栗駒国定公園南三陸金華山国定公園蔵王国定公園男鹿国定公園鳥海国定公園の区域が指定されている。また,郷土色豊かな芸能や行事も多い。JR東北本線,奥羽本線,羽越本線,常磐線,国道4号,6号,13号線,東北新幹線,東北縦貫自動車道などの幹線が通る。


脚注

注釈

  1. 1.0 1.1 統計日は、青森県が2018年4月1日、岩手県が2018年4月1日、宮城県が2018年6月1日、秋田県が2018年4月1日、山形県が2018年4月1日、福島県が2018年4月1日。

出典




楽天市場検索: